感動通販バイブル

明日は今日とは違うネットショップになる!1日ひとつトライする!まったく新しい通販ショップ戦略!

*

ネットショップ「新規顧客獲得」後の黄金ルール

      2015/05/09

ネットショップ運営で、なぜ新規顧客獲得し続けても

利益が残らないのか?

今回は、「新規顧客獲得」後の黄金ルール
についてお伝えします。

 

それは、

既存客の存在を完全に忘れている

からです!!

 

 

それでは、バケツをイメージして下さい。

baketu

新規顧客が水だと思ってください。
バケツに水を入れます!通常なら水はどうなりますか?

そうです!水があふれ出ますよね?

では、穴が空いたバケツだとしたらどうですか?

もう、おわかりになりましたか?

 

新規顧客がダダ漏れなんです!!!

 

既存客ふさぐ

 

これでは、新規顧客獲得のために広告費を使っても、
獲得した新規顧客は逃げていって
しまいます。

 

ようするに新規顧客が来ても来ても、獲得コストを回収できない。
よって利益が残らないんです!

 

理由は簡単です。

新規顧客獲得には非常に興味湧きますし
やったーーーー新規のお客さまが来てくれたー!

と、新規顧客獲得の方がなんか嬉しいということです!

 

ところが、
既存客の存在を完全に忘れている!!」のではないでしょうか?

 

なので、バケツの穴をふさぐ必要があります!!

調査によれば中小企業で3ヶ月以上
顧客をキープできるのは1.5%とも言われています。

 

対策としては新規顧客をネットショップに集めたら
顧客が離れないようにする戦略が必要です!!

 

新規顧客を集める仕組みと
既存のお客さまを熱狂的ファンへと育てる仕組みもつくる

と言うことです!!

 

できるだけ長くネットショップを利用(リピート)してもらうこと。
そして、どうやってまた来店を促していいくか?
しっかり戦略を考えていけばバケツの穴もふさがります!!

 

既存顧客の流出が少なくなればなるほど、当然ですがバケツの水があふれ出して
利益が残る企業体質になると言うことです!

 

新規顧客獲得にももちろん営業費を使い、獲得コストを計算し、
既存客維持の戦略を仕組み化していきましょう!!

 

 

 - Webマーケティング ,

Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした